第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019

勝手にプレゼンテーション

音の旅人 長曽我部誠
19回日本フルートコンベンション福岡 2019の参加要項が、この会報に同封されていましたね。このページでは、この夏のコンヴェンション福岡を楽しむためのプレゼンテーションを、大胆に、個人的に偏った見解を交えてご紹介したいと思います。(この文章は公式のものではなく、あくまでも私の個人的な意見で書いていきます。固有名詞に対しても、略称や通称、ニックネームなどを使用していますことをおことわりしておきます。)
 
①  参加申し込みについて
参加には、まず、参加申込書の提出が必要になります。8月23日から25日までの全日程に参加するのか、1日か2日だけ参加するのかによって参加費が変わってきますので、プログラム内容や自分の予定を鑑みて、申し込む際に選択してください。
ちなみに、会員の場合の全日程参加費が【13,000円】、1日参加費が【7,000円】になりますので、2日間だけ参加する場合でも全日程参加を申し込んだ方がお得ということになります。
会員でない場合は、期間限定会員として全日程参加費が【25,000円】、1日参加費が【12,000円】になります。この際、入会金【1,000円】と年会費【6,000円】を支払って、入会の申し込みをすれば、全日程参加の場合の参加費は随分お安くなるということをお知らせしておきます。
※詳細は、参加要項をご覧ください。
②  コンヴェンション、見どころ、聴きどころ、お試しどころ
催し内容については、参加要項にある以外にも詳細の情報は、ホームページで更新されていくと思いますので、確認してください。ここでは、各コンサートや催事についての楽しみ方を、私、長曽我部が感じるままに、個人的かつ大胆に提案しています。また、各メーカーのショーケースについては、出演者やプログラム内容は参加要項に掲載がありませんので、更新情報をホームページで確認してください。ショーケースには、外国からのゲスト・プレイヤーやスペシャルなゲストの出演も予想されますので、楽しみですね。
 

8月23日の催し
●オープニングセレモニー(23日 13:00)
今回の目玉は、何と言っても「ベルリンの14人のフルーティストたち」ですが、14人は24日の単独コンサート、「協奏曲の饗宴」の他に、オープニングセレモニーでも演奏を披露します。まず、このコンヴェンションのために選抜された300名編成のフルートオーケストラが、セレモニーのオープニングで壮大な花火を打ち上げます。フルートオーケストラをバックに、工藤重典と清水信貴のふたりのソリストによる「ビオッティの2本のフルートのための協奏曲」とベルリン14による「カルメン組曲」に加え、アリ・ライアソンは「踊りあかそう」でお得意のジャズ・アドリブを披露する予定。セレモニーというイベントを超えた音楽の大スペクタクルを繰り広げます。

日本フルートコンベンション 2003のオープニングセレモニー(アクロス福岡シンフォニーホール)
●ワールドフルートオーケストラⅠ(23日 15:00)
台湾フェスティヴァルフルートアンサンブルと SUDA(韓国)による東アジアを代表する本格的なフルーアンサンブルのコンサートです。台湾フェスティヴァルフルートアンサンブルは、台湾を代表するフルート奏者 リン・ジェン・ピン氏とチョウ・シンウイン氏によって結成されて、日本のコンヴェンションには3回目の登場となります。ロッシーニやジャズ、ダンス曲などを演奏します。
スダは、檀國大学(ダング大学)のイ・ヘギョン教授を中心にソウルで活躍するプロオケや大学の教授たちによって結成され、そのレベルはフルートアンサンブル界でも世界第一線の位置にあると思われます。「スダ」とは「おしゃべり」という意味の韓国語だそうで、日本のフルーティトたちとのおしゃべりを楽しみにやって来ます。
 
●第18回日本フルートコンヴェンション入賞者によるコンサート(23日 14:30)
このステージでは、前回(2017年、川崎)のコンヴェンション・コンクールの各部門の優勝者の演奏をご紹介します。2年前の優勝者たちが、それぞれに研鑽を積み、演奏活動を広げて、このステージでは、どのように成長した演奏を聴かせてくれるか、それぞれの持ち味を発揮するプログラムが大変楽しみです。
 
ソロ部門 1位 瀧本実里 ピッコロ部門 1位 満丸彬人 アンサンブル・アワード部門 1位 若狭知恵、北畠奈緒  アンサンブル部門「中学校の部」山崎真秀、伊藤里桜、西山涼華、西田あおば「大学・一般の部」六楽内富美、河野洋子、大瀬亜希(リップル M2トリオ)「音楽大学・音楽大学卒業の部」横山史奈、小川理都子、森川健士
 
  • カイル・ツァッポ レクチャー(23日 15:00

ナショナル・フルート・アソシエーションの会長を務めてきたカイルのアンデルセンについてのレクチャーは、聴き逃すことができません。「大いなる成功と悲劇」と題して、フルーティストの誰もが演奏したことがある偉大なるフルート奏者であり、作曲家でもある「ヨアヒム・アンデルセンの物語」をカイルのライフワーク・集大成とも言うべき形でレクチャーします。日本では滅多に聞けない話ですね。米国ブラッドリー大学教授、NFAナショナル・フルート・アソシエーション前会長
 
●アンドレアス・ブラウ マスタークラス(23日17:30)
50年というフルートのキャリアをベルリン・フィルの首席に捧げた、A.ブラウ。オーケストラ・プレイヤーとしての経験もさることながら、真実のカラヤンの音楽感やドイツ音楽の神髄を知る貴重なフルーティスト=アンドレアスのマスタークラスを体験してください。元ベルリンフィル首席奏者、元ベルリン芸術大学教授
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【課題曲】
モーツァルト:フルート協奏曲第1K.313 ト長調
モーツァルト:フルート協奏曲第2K.314 二長調
ライネッケ:フルート協奏曲
バッハ:フルートソナタ ロ短調
オーケストラスタディ
 
●清水信貴 マスタークラス(23日 17:30)
清水信貴は、世界中のフルートコンヴェンション、フェスティヴァルの招待演奏では、リサイタルやコンチェルトを披露しています。ジャン・ミシェル・ダマーズとの親交も深く、清水のために書かれた作品もあります。また、ジュリアード音楽院の恩師=ジュリアス・ベイカーの流れをくむアメリカンなフルート奏法や音楽性は、海外の講習会やマスタークラスでも大好評で、世界から引っ張りだこのマスタークラスです。相愛大学音楽学部教授、昭和音楽大学客員教授、日本フルート協会副会長
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【課題曲】ジャン=ミッシェル・ダマーズ:ソナタ・アン・コンセール
1人目 Prelude Rigaudon  Aria-Intermezzo-Aria
2人目 Sicilienne Gigue
 

  • 工藤重典 リサイタル(23日 19:00

フランスを中心に活躍する工藤重典は、ジャン・ピエール・ランパルの音楽を最も知っているフルーティストと言えます。パリ国際フルートコンクールで優勝したときは、ランパルの生き写しと言われたほどですが、その後の活躍はみなさんの知るところです。20歳代でランパルを極め、更に成熟度を増したパリ・エコール・ノルマル音楽院教授のリサイタルは、絶対に聴き逃してはいけません。このリサイタルでは、「ドイツ音楽とフランス音楽」と題して、ベートーベン、ハイドン、ドビュッシー、ジャン・フランセの曲を演奏してくれます。同じ会場で工藤の15分あと、休憩に続いて演奏するシャーフに挑戦状を突きつけた形のドイツものも、本当のフランスを知る工藤のフランス音楽も、私たちを魅了してくれることでしょう。パリ エコール・ノルマル教授、東京音楽大学教授、昭和音楽大学客員教授
 

  • ウルフ=ディーター・シャーフ リサイタル(23日 20:00
「ベルリンの14人」のメンバーとしてブラウ氏に次ぐ存在感を醸しているウルフ・ディーターは、ベルリン放送交響楽団のソロ首席フルーティストです。何度にもわたる来日では、オーケストラ・プレイヤーとしてだけでなく、リサイタルやアンサンブルでも日本の聴衆にお馴染みです。工藤のリサイタルに続いて演奏されるプログラムは、新旧ドイツを代表する4つのソナタです。フンメルはベートーベン、エマニュエル・バッハはハイドン、ヒンデミットとギーゼキングはドビュッシーや J.フランセと、工藤のプログラムと比べて聴いてみるのも面白いかもしれません。ベルリン放送交響楽団首席奏者

シャーフの写真
  • アリ・ライアソン・トリオとジャパン・ジャズフルート・ビッグバンド(23日 19:00
アリ・ライアソン・トリオのライブでたっぷり本場のジャズを堪能した後に、星優子率いるジャパン・ジャズフルート・ビッグバンドが飛び入り参加してビッグなパフォーマンスを繰り広げます。ノーマ・ケルシー、グウェイン・ジョーン、ダナ・セヴコヴィックも加わってアメリカ組も大暴れ。夜の街=中洲にほど近いアクロスの円形ホールには、ジャズが似合うぜ!

アリ・ライアソンの写真
 
8月24日の催し
●全国のフルートオーケストラ(24日 10:00)
全国で活動するフルートオーケストラ&アンサンブル団体約20団体の演奏によるステージ。全国各地のフルートフェスティバルや歴史のあるアンサンブルやフルートオーケストラ、音楽大学の学生オーケストラなどが参加予定、海外からの参加があるかもしれませよ!
 
  • パオロ・タバリオーネ マスタークラス(24日 11:00)

イタリアのDNAを持ち、フランスやドイツの音楽をよく知るバイエルン州立歌劇場管弦楽団の首席奏者であるP.タバリオーネの、待望のマスタークラスです。マルセル・モイーズがオペラを通じてその呼吸法や音楽性を学んだように、パオロのイタリア・オペラで培った表現豊かなフレージングや音楽性、バイエルンで成熟度を増して福岡に登場します。バイエルン州立歌劇場管弦楽団首席奏者、モーツァルテウム教授
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【受講曲】ソロ、ピアノ伴奏つき楽曲、オーケストラスタディ
 

  • ネッド・マックガウェン コントラバス・ワークショップ(24日 11:00)

 前回のコンヴェンションではNFA(ナショナル・フルーティスト・アソシエーション)フルートオーケストラのメンバーとして登場、フルートオーケストラのために書き下ろした「うず潮」を披露したあのフルーティストであり、作曲家です。日本をリスペクトするネッドの、コントラバス・フルート・スペシャリストのコントラバスに特化したワークショップ。コントラバス・フルートを持っていない人も、吹いたことがない人も、ぜひ、のぞいてみよう。
 

  • 井上昭史 「フルートの正しい指使い」(24日 11:00)

20年にわたって日本フルート協会誌に「替え指」に関する記事を書き続けている井上の総まとめとなる講座です。ドレミ楽譜出版社から同名の書籍も出版されています。
 

  • 工藤重典 マスタークラス(24日 12:00)

巨匠=ジャン・ピエール・ランパルの後継者であり、伝承者であるフルーティストは、間違いなく工藤重典です。今は、フランスや日本だけでなく、世界のひのき舞台に立ち続ける工藤は、今や、オールマイティ・フルーティストです。ジャンルや地域にとらわれない受講を受け入れています。どんなマスタークラスになるのか?楽しみです。東京音楽大学教授、パリ エコール・ノルマル教授、昭和音楽大学客員教授
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【受講曲目】任意の楽曲(何でもオーケーと、懐が深いところを見せています)
 

  • 街角ライブ(24日 12:00)

「街角ライブ」とは、いろいろな施設や店舗がひしめくアクロス福岡をひとつの街に見立てて、アトリウムやコミュニケーション・エリア、店舗やホールのロビーにステージを作り、一流のプレーヤーやグループの音楽ライブを楽しもうという企画です。この時間には、コミュニケーション・エリアでは、和装フルートアンサンブルでおなじみの「宵待小町」の出演が予定されています。
アクロス福岡のあっちこっちの街角に誰が?どんなアンサンブルが登場するかは、順次、ホームページでお知らせの予定です。もちろん、プログラムには、正確な演奏者、時間、場所が掲載されるはずです。
 
 

  • 野口龍 永井由比プロデュース コンテンポラリーミュージック(24日 12:30

日本フルート界、現代音楽のレジェンド・野口龍と現代音楽の最前線で活躍する永井由比がタッグを組んでプロデュースした企画です。日本の、また、世界の現代音楽の伝統とトレンドがここに集結しました。フルーティストであれば聴き逃す手はありません。
出演は、永井由比、清水理恵、増本竜士、若林かをり。今、日本で聴くことができる現代音楽界・最高のメンバーが福岡のコンヴェンションに集結しました。誰もが知る作品から、表題未定の新作まで豪華なプログラムになりました。

  1. ヴァレーズ 比重21.5L.ベリオ セクエンツァ/ 若林千春 ピッコロとメトロノームのための(題名未定)/J. ヴィトマン 小組曲/清水研作 フルートとコンピューターによる宇宙との対話Ⅰ/M. ピンチャー beyond (a system of passing)S. シャリーノ 風が運んだ対蹠地(地球の裏側の住人たち)からの手紙/H. ホリガー エクリ/尹 伊桑 4つのフルートのために

 

  • 藤井隆太 講演「老舗企業の経営革新」~音楽とビジネスとの関連性とは~(24日 13:30)

経営危機にあった「龍角散」を立て直した男・藤井は、幼い頃から本格的な音楽教育を受け、桐朋学園大からパリ・エコール・ノルマルに留学して、音楽の道を極めてきました。本当の音楽をまい進したフルーティストが、父の死を受けて音楽のステージを去り、老舗企業「龍角散」の社長を継ぎ、赤字経営をV字回復させるまでのサクセスストーリーには、音楽で培った人間力がありました。スティック型の龍角散や世界初の服薬ゼリーを開発し、カリスマ経営者ぶりを発揮する藤井はビジネスを世界に展開し始めました、音楽と企業経営の関係性について語ってくれます。龍角散 代表取締役社長
 

  • 木ノ脇道元 ワークショップ「ロウフルート」(24日 14:00

福岡県出身の木ノ脇道元は、今コンヴェンションの実行委員長=武田又彦にフルートの手ほどきを受けたフルーティストです。ご存じの通り、ロウフルートや現代音楽、即興パフォーマンスのスペシャリストでもある道元のこのワークショップでは、アルト、バスフルートの奏法・パフォーマンスの手の内を体験させてくれます。
 

  • 前田りり子 「無伴奏コンサート(テレマン12のファンタジー全曲)」(24日 14:30)

福岡市に事務局を置く「18世紀音楽祭協会」は、30年以上にわたって「福岡古楽音楽祭」や「新・福岡古楽音楽祭」を毎年、開催してきました。その中心人物が、有田正広と前田りり子であります。りり子がステージ設計を繰り返して行い、このアクロス福岡国際会議場を古楽音楽祭のメインステージに作り上げました。このホールを知り尽くしたりり子のトラヴェルソによる、テレマンの12のファンタジー全曲演奏は、福岡が作り上げてきた古楽コンサートの集大成と言えるでしょう。東京藝術大学非常勤講師
 

  • 星優子とアリ・ライアソン ジャズ・ワークショップ(24日 15:30

川崎のコンヴェンションで好評だった星優子のジャズビッグバンド・ワークショップの発展版です。星がリードする人気のワークショップですが、フルート・ジャズ・ビッグバンドの創始者、アリ・ライアソンを迎えて、さらにグレードアップ、楽しさもアップ、魅力溢れるワークショップになりました。アリという米国ロウフルート協会の会長も務めたほどのスペシャリストが加わったワークショップは、ジャズファンはもちろん、ジャズ初体験の方が参加しても楽しい。楽器を持って集合!
 

  • セルジオ・パロッテッリ マスタークラス(24日 16:00
ニューヨークで生まれ、イタリアで育ったセルジオは、その活躍の場は全世界、地球です。ボストンで教鞭をとりながら、南米やヨーロッパといった全世界が舞台。英語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語が堪能なセリジオは、その音楽のジャンルも多様です。現代曲、ラテン、そして、もちろんクラシック、あらゆる音楽に精通するセルジオは幅広い分野の音楽に対して、興味のあるコメントをくれることと思います。自由な曲を持ってエントリーしましょう。ボストンロンジー音楽院教授、フラウティ アルカステイロ監督、フランスゾティアックフェスティヴァル音楽祭監督
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)

セルジオ・パロッテッリ写真
 
  • 有田 正広 「J.S.バッハのフルート作品を考える」(24日 16:30

Es dur,BWV 1031は本当に偽物なのか?そして“音楽の捧げもの”BWV1079の主題の作者と、その関係とは?その謎とき~
有田正広は、日本音楽コンクール・フルート部門の優勝者。モダン・フルートを極めた有田は、まだ誰もピリオド楽器を知らなかった時代に桐朋学園に古楽器科を創設しました。日本の古楽器界を牽引し、日本を世界レベルまで押し上げました。ピリオド楽器を極めたオーソリティが、今、考える音楽とは?昭和音楽大学フルート科客員教授、桐朋学園大学古楽器科特任教授
 

  • ワールドフルートオーケストラⅡ(24日 17:00)

 アンサンブル・アミティエ「JAKO」は、韓国を代表するフルーティストたち、ソヨン・リー、ユンイム ・ユーン、スンジェン・キム、スジ・ヨー ミリ・ハワンと日本フルート協会でもおなじみ酒井秀明、東條茂子、中川佳子、長山慶子という古くからのプロ仲間で結成した日韓合同のスーパーアンサンブルです。ボアモルティエ、アンデルセン、ロレンツォ、ブランデンブルクといったフルートではおなじみの曲を披露します。
インターナショナルスーパーフルートコレクティブのステージは、NFA International Liaison Committee(米国フルート協会国際連絡協議会コンヴェンション実行委員)のアメリカ国外で活動する会員から成るグループで、おなじみ、代表=カルラ・リースやネッド・マックガウェンが中心としてとして活動しています。このグループの演奏曲はカルラが全ての曲をアレンジ、新作はネッドが書き下ろすというオリジナル性の高いフルートアンサンブル・グループです。セルジオ・パロテッリや日本フルート協会からは山根尊典ほかが加わる予定。まさに世界選抜・フルートアンサンブルと言って良いでしょう。
 

  • 清水信貴 リサイタル(24日 18:00)

ジャン・ミシェル・ダマーズに最も愛されたフルーティスト=清水信貴は、シンフォニーホールでもジャン・ミシェルの作品をメインに持ってきました。何回も、何年にもわたってジャン・ミシェル自身が清水のフルートと自作曲のピアノを弾くことを喜びとし、パリでのリサイタルはフィガロ誌で最高の評価を得ました。何百回も演奏した「ソナタ・アン・コンセール」に続いてジャン・ミシェルが清水と最期に弾いた曲、「2本のフルートとピアノのためのトリオ」で締めくくります。2ndフルートは今本晶子。相愛大学音楽学部教授、昭和音楽大学客員教授、日本フルート協会副会長
 

  • ベルリンの14人のフルーティストたち コンサート(24日 19:00
このコンヴェンションのメインの一つとなる、長い間、来日が待たれていたベルリン14のステージです。あの全世界のフルートファンを魅了したCDのメンバーが、2時間たっぷりとアンサンブルを聴かせてくれます。プログラムは、ヘンデル・サバの女王、バッハ・ダブルコンチェルト、ドビュッシー・牧神の午後への前奏曲、ドボルザーク・管楽セレナーデ、これが前半ですよ。腹一杯、中身の濃いメインディッシュを聴かせてもらった後に、楽しいドビュッシーやバーンスタイン、リムスキーにタンゴと、小品を聴かせてくれます。デザートは別腹(べつばら)と言いますが、こんなにたくさんの曲目はありがたいですね。

ベルリンの14人のフルーティストたち(写真)
 
8月25日の催し
●ローナ・マギー マスタークラス(25日 10:00
英国王立音楽院を卒業と同時に BBC交響楽団首席フルート奏者に抜擢されたローナは、シカゴ交響楽団、ミネソタ管弦楽団、ロンドン交響楽団、ロンドン·フィルハーモニー管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団という世界のオーケストラを経て、今は、ピッツバーグ交響楽団首席奏者の席に就いています。そんなローナの、お得意ナンバーは、プロコフィエフです。ピッツバーグ交響楽団首席奏者
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【課題曲】プロコフィエフ:ソナタより第1・3・4楽章(各楽章1名ずつ)

ローナマギーの写真(トリミングしてください)
●ロベルト・レルヒ マスタークラス(25日 10:00
ベルリン14の中で、マスタークラスに定評があるロベルト。14人のメンバーの中で「誰がマスタークラスをやるか」と話が出た時、真っ先にロベルトの名前が挙がりました。「ベルリン14」のインスペクターも務めるロベルトは、人格的にも素晴らしい人です。ドイツ系のオペラ、例えば「ワーグナー」なんかの深みのある作品のオケスタなんか聴いて見たいですよね。ベルリンドイツオペラ管弦楽団首席奏者、ベルリン芸術大学講師
現在、受講生を募集しています。募集要項の申込書で申し込んでください。(参加者であれば、受講料無料です。定員がありますので早めの申し込みを!)
【受講曲目】スタンダードな作品の中から任意の曲(オーケストラ、オペラを含む)
 
  • 新企画アンサンブルコンテスト(25日 10:00

全国のフルート奏者、プロ、アマの垣根を越えたアンサンブルコンテストは、フルートやアンサンブルの実力以外に、「輝いていた賞」「ベストドレッサー賞」「グッドサウンド賞」「テクニカル賞」「ほのぼの賞」「パフォーマンス賞」「パーフェクト賞」などの様々な視点から表彰があります。賞金はありませんが、九州各県の名産品の賞品が贈られます。「何かで目立ってやろう!」と思う方、ぜひ挑戦してください。(参加要項・参加申込書同封)
 

  • 街角ライブ(25日 12:00

この時間の「街角ライブ」は、1Fコミュニケーション・エリアのフルートアンサンブル・フィオーレ(阿部麻耶・横山聡子・東貴美子・石井美由紀)です。武蔵野音楽大学卒の4人で活動を続けるフィオーレは、美人ぞろい。今回の出演者に多くない女性フルーティストですが、アクロス福岡に美しい花を咲かせてくれるでしょう。アクロス福岡のあっちこっちの街角に誰が?どんなアンサンブルが登場するかは、順次、ホームページでお知らせの予定です。もちろん、プログラムには、正確な演奏者、時間、場所が掲載されるはずです。
 

  • ネッド・マックガウェン ワークショップ(25日 12:00

コントラバスのパイオニアであり作曲家のネッドは、前回NFAフルートオーケストラのメンバーとしてコンヴェンションに出演した、フルートのために「うず潮」を作曲したコントラバス専門のプレーヤーによるコントラバスに特化したワークショップ。コントラバスを吹かない人もぜひのぞいてみよう。オランダのユトレヒト音楽院、ユトレヒト芸術大学作曲科教授
 

  • スペシャリストたちによる「スーパーアンサンブル」(25日 13:00

山内 豊瑞(櫻舞)、江戸 聖一郎・小山 真之輔・谷風 佳孝・森本 英希(アンサンブルリュネット)、梶原 一紘(マグナムトリオ)ら日本を代表するアンサンブルのスペシャリスト達と「ベルリンの14人のフルーティストたち」からの選抜メンバーによるアンサンブル。「革新と伝統の出合い」というコンセプトのパフォーマンス・ステージは、どんな組み合わせで、どんな曲を演奏するのか、何が起きるのか誰も知らない
 

  • ワークショップ 「木ノ脇道元の世界」(25日 13:30

現代フルート界の鬼才の誘導で,コンテンポラリーミュージックの世界に導かれる不思議な体験に請うご期待。中身は誰にもわからない!とりあえず、楽器を持って、アクロス福岡地下2階に集合じゃ。
 

  • セルジオ・パロッテッリ リサイタル(25日 13:30

セルジオはニューヨークで生まれ、イタリア人の父親、ジャーナリスト、写真家、そしてドイツ人の母親、画家、そして繊維デザイナーで、幼い頃からイタリア・トスカーナの田舎で育ちました。英語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語が堪能なパロッテッリ氏は、その音楽のジャンルも多様です。今回のプログラムは、ブラジルのブレノ・ブラス、フランスの定番ゴーベール、ドイツの重鎮ブラームスと、その音楽は国境や時代を超えたパフォーマンスで魅了してくれることでしょう。ボストンロンジー音楽院教授、フラウティ アルカステイロ監督、フランスゾティアックフェスティヴァル音楽祭監督
 

  • ファイナルセレモニー(25日 15:00
コンクール各部門の成績発表と表彰式のほか、次のコンヴェンションへのバトンタッチが行われる予定です。 2021年の日本フルートコンヴェンションの日程、開催地や開催内容も発表されるかもしれません。次のコンヴェンション情報って、ワクワクしますね。公式な発表ではないので、情報はこの時点の状況次第でしょうけど・・・・・・どこまで発表がされるのか?
 
  • フルート協奏曲の饗演(25日 16:30      写真は2003年コンヴェンションより

このコンヴェンションの集大成、最大のコンサートです。ベルリン14はアルルの女組曲を自前のオーケストラ版アレンジで華やかに、工藤はドイツのコンヴェンションで大好評だったベームで名人芸を、清水は恩師=ジュリアス・ベイカーとズービン・メータ指揮ニューヨーク・フィルの名演で知られるニールセンを、ベイカー解釈を忠実に再現、ローナは2003年に師匠・W.ベネットが九響と共演したライネッケを引き継ぎ、パオロはフルート音楽の最高傑作イベールで、指揮者・高関健率いる九州交響楽団と競演します。高関は、懐かしいベルリンの仲間との久しぶりの競演で、気合の入り方がハンパないですよ。
アルルの女第2組曲、フルート協奏曲(ライネッケ/イベール/ニールセン)、ベーム/ディベルティシュメント
 
●ショーケース(スケジュール未定)
 毎日、フルートメーカーによるショーケースが開催されます。まだ、内容が最終決定されていないようですので、次号でお知らせできると思います。国内外のトッププレイヤーたちのステージが、アクロス福岡で繰り広げられます。請うご期待!
 
●展示ブース(23日 13:00 19:00 24日 10:00 19:00 25日 10:00 15:00
 フルート関連メーカーや楽器店の展示ブースが3日間開設されます。最新モデルのフルートやあなた最高の楽器、新発売のアクセサリーやグッヅに出会えるかもしれません!
 

  • 協会売店  コンヴェンションのオフィシャルグッズの販売       開催期間中 1Fアトリウム

オリジナルグッズが盛りだくさん。前回、大好評で売り切れたTシャツデザインが更に進化してトートバッグとTシャツに復活。ベルリンの14人初来日記念の「ドイツ・ライディンガー社」のスーパーマグネット鉛筆、どのグッズも数量が限られています。写真入りカタログと予約方法をご紹介、ホームページにも掲載予定です。
ハンドメイドの逸品トートバックコンヴェンションTシャツ コンちゃんタオルハンカチ オリジナルデザイン•クリアファイル、福岡の土産品「にわかせんぺい・コンヴェンションデザイン」 ミュージック•アクセサリーやステーショナリー ほか
出演者のCDやマスタークラスの楽譜などにも対応します。
 
③  お宿はどこじゃ?福岡のホテル事情(IMPORTANT)
福岡のイベントに遠方から参加するとき、参加する人はまず宿泊を確保しなくてはなりません。ジャニーズやエグザイルやAKBなどのライブは、ドームやメッセなどの何万人も入場できる施設で行われます。各グループのファンの方たちが、福岡だけではなく、全国各地から押し寄せてきます。大きなイベントが開催される時は、ホテルが足りなくなるというのが福岡の問題なのです。いわゆるホテル難民が発生します。
今回のコンヴェンション開催期間中にNMB48と三代目J SOUL BROTHERSのコンサートが重複開催されます。参加日程によっては、早い時期にホテルが満室になることが予想されます。北九州市や隣県のホテルも影響を受けることになります。下記の力者に相談してみましょう!