第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019

九州一丸!第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019
~九州・山口 ヒトと食のストーリー~

未設定九州一丸!第19回日本フルートコンヴェンション福岡2019
~九州・山口 ヒトと食のストーリー~
日本フルートコンヴェンション福岡2019は、サブタイトルに「笛のチカラ、九州スタイル」と銘打っています。このタイトルは、コンヴェンションに対する九州各地に住む各県の実行委員たちの熱い気持ちを表したもので、開催地=福岡だけに任せておけないという情熱の現れです。九州各県が一丸となって2019を成功させようという力強いメッセージなのです。
一丸となった九州のチカラを集結したコンヴェンション実行委員会の各県の特徴をご紹介しましょう。(各県の紹介文の後に、その県のコンヴェンション実行委員名を紹介しています。)
 

福岡県とヒトと食
まずは、開催地の福岡県から紹介しましょう。福岡は、今も「アジアの玄関口」と言われている通り、紀元前から大陸とのつながりがあり、日本のヒトのルーツの入り口のひとつであったと思われます。その証拠にこの地に縄文・弥生期の小国家やその元となる集落やヒトが集中していたことが、大和朝廷成立以前の繁栄を物語っています。その福岡県のヒトといえば、芸能人です。 タモリ 博多華丸・大吉 武田鉄矢、黒木瞳 田中麗奈 妻夫木聡 森口博子 など目立ちたがり屋が大勢います。ミュージシャンまで広げると、 井上陽水 CHAGE and ASUKA チェッカーズ、郷ひろみ 小柳ルミ子 松田聖子 椎名林檎、浜崎あゆみ、氷川きよし ・・・・・・超メジャーなヒトだけでもキリがありません。
そんな芸能人たちが愛する福岡の名物は、何と言っても食です。 豚骨ラーメン 鉄なべ餃子 水炊き もつ鍋 、玄界灘の荒波に揉まれた 魚介 は世界一という評判もあり、板前さんの腕が良いのも博多の料理が美味しい理由でもあります。福岡の食について語り始めると尽きることはないでしょう。
福岡県の実行委員 / 榎本裕子 大西麻衣子 太田智子 許斐恭子   増田愛子 田中玲子 高木華子 岡本真 田島宏美 古賀千穂 神武真理子 西塔久美子 武田又彦 的場郁子 鬼塚美緒子 江頭愛 合屋夏美 安部あゆみ 久芳美由紀 中村美智 鬼塚有紗 神谷紘子 神屋由紀子 松藤利基 脇坂みどり 平木志乃 永田明 須佐菜々美 石井香代 宮崎優衣 金堂由樹子 石田光江 木原宗道 池崎由美 梶原一人 福泉勝栄 篠木千明 森山仁美 杉野明子 安江晶子 菅智沙都 永田梨紗  /43
 
写真提供:福岡市
佐賀県とヒトと食
佐賀県出身の芸人 “はなわ” が歌うヒット曲「SAGA(エス・エー・ジー・エー・佐賀)」」の歌詞の通り、佐賀県には何にも無い、誰もいないのでしょうか? なぜ、出身地=佐賀県を隠すのでしょうか? その歌によると、佐賀県出身の 松雪泰子 は、「出身地を公表してない!」そうです。でも、佐賀出身の有名人には、 大隈重信 がいます。「薩長土肥」(佐賀は肥前)が活躍した幕末から明治維新に総理大臣まで上り詰め、また、日本を動かす人材を輩出し続ける早稲田大学の創始者でもあります。
佐賀には、日本最大の干潟・有明海、広い佐賀平野、魚の宝庫=唐津の港があります。有明海といえば干潟を飛び回る ムツゴロウ アゲマキ (二枚貝)などの珍魚・珍貝が浮かびますが、実は 高級海苔 の日本最大の養殖地なのです。実家が横浜の海苔店というタレント・出川哲朗が「 有明海苔 が入荷すると海苔屋に活気が出る」と言うほど美味しく、立派だという評価です。干潟で開催される運動会 「ガタリンピック」 には、世界各国のガタリストが集まり、泥にまみれたヒトたちの愉快な姿がテレビの全国ニュースでも毎年紹介されますね。唐津の港には、玄界灘の魚介類がたくさん水揚げされます。その多くが博多や関西へ出荷されますが、現地で食べる イカの活き造り は絶品です。また、 佐賀牛 は日本を代表する高級牛肉で、日本中の畜産農家のあこがれだそうです。
ただただ広い佐賀平野では、その平地の広さを生かして、日本最大の熱気球の祭典 インターナショナル・バルーン・フェスタ が開催されます。
佐賀県の実行委員 / 柴田紗希 古川智恵子 /2
 

写真提供:福岡市
長崎県とヒトと食
出島でも知られる古くからの港湾都市、長崎。 蝶々夫人 シーボルト など異国情緒を彩るヒトたちがいます。 フランシスコ・ザビエル が広めたキリスト教の遺跡群は、ユネスコの 潜伏キリシタン関連遺産 にも認定されました。長崎県の多くの島々から熊本県の天草地方にかけての教会たちが異国情緒を盛り上げています。(私たちの頃の教科書では「隠れキリシタン」と言っていたのですが、世界文化遺産認定の際「潜伏キリシタン」と改められました。)
長崎を代表するヒトたちは、 福山雅治 さだまさし MISIA 、と言ったミュージシャンが多いようです。最近の芸能界を騒がせた「ゲスの極み乙女」の 川谷絵音 も長崎市出身です。
ジャパネットたかたの本社が長崎県佐世保市にあり、創業者 高田明 ももちろん、長崎県の出身です。福岡のコンヴェンションにお越しの際は、足を伸ばして、 ハウステンボス 大浦天主堂 、そのお隣の グラバー邸 (世界遺産=明治日本の産業革命遺産)まで足を伸ばして、本場の チャンポン 皿うどん も味わってみてはいかがでしょう。お土産は、もちろん カステラ ですね。
長崎県の実行委員 / 武次哲也 永留結花 /2
 

大浦天主堂  写真提供:一般社団法人長崎県観光連盟
 
熊本県とヒトと食
熊本県は、その名前からも想像できる通り熊のように豪快な県です。古事記にも出てくる 熊襲(くまそ) というヒトたちは、ヤマト王権に最後まで勇敢に抵抗した、この地方の民族です。この熊襲や 球磨川 (くまがわ)から熊本という県名が生まれたのではないかというのは、私の想像です。また、 阿蘇山 は世界一のカルデラを有し、その一直線の稜線をもつ外輪山や広大な草原は、とても島国・日本の風景とは思えません。
熊本で思い浮かべるのは、何と言っても くまモン でしょう!そのキャラクターは日本全国を制覇したと言っても良いほど人気があります。コンヴェンションでもそのキャラクターのグッズが制作されるはずです。熊本県のヒトでは、 八代亜紀 石川さゆり 水前寺清子 が演歌界に君臨しています。お笑い芸人の コロッケ くり~むしちゅう (上田晋也と有田哲平のお笑いコンビ)はどちらも食べ物の名前で活躍しています。その熊本の食というと、 馬刺し 肥後牛 熊本ラーメン(肥後ラーメン) 太平燕 (タイピーエンと読む)など、挙げればきりがないのですが、中でも太平燕は中華の具材(白菜、タケノコ、キクラゲ)と豚肉、イカ、海老、揚げ卵を春雨スープに合わせた麺料理で、他の土地では決して食することができない珍しい料理です。
熊本県の実行委員 / 渡邊りか 島田有純 安武美貴 伊藤久美子 安田みどり 猿渡みか 西島ちえみ 山口邦子 山口舞衣 村田直子 本松美沙 /11
 
 

阿蘇の雲海  写真提供:熊本県
 
大分県とヒトと食
 大分県は西洋文化を真っ先に取り入れた土地柄があります。 フランシスコ・ザビエル に洗礼を受けた領主・ 大友宗麟 によってキリスト教の布教や南蛮貿易が盛んになったため、西洋文化の日本初が沢山あります。ザビエルとともにやってきた医師・ アルメイダ により、現在の県庁がある場所に日本初の 西洋式病院 (現在もアルメイダ病院としてその意志が引き継がれています。)が建てられ、日本初の 外科手術 が行われました。その病院には、日本初の 医学校 育児院 も付設されました。また、これらの施設はボランティアにより運営され、日本初の ボランティア組織 とされています。8月に山口県で行方不明になった2歳の男の子を発見した 尾畠春夫 さんも大分でボランティア活動をしていますが、当時のボランティア精神が根付いているからでしょう。また、1557年に日本人による日本初の 聖歌隊 が組織され、1561年には日本人の少年による ビオラ演奏 が披露されたという記録から、大分は 西洋音楽発祥の地 とされています。 滝廉太郎 はこの近くの自宅で最期のときを迎え、大分県竹田市の岡城址をイメージして 荒城の月 を作曲したと言われています。大分県出身のヒトは 福沢諭吉 がおり、佐賀県の大隈重信と張り合うわけではありませんが、慶應義塾大学創設者であり、日本銀行券の最高峰に君臨しています。
食は、麦焼酎の いいちこ 二階堂 諭吉の里 などが関東・関西でもポピュラー、酒のお供には、 とり天 (鶏の天ぷら)と 鶏の唐揚げ 、また、別府湾の湧き水で育った 城下カレイ や、佐賀関沖の早い海流のせいで回遊魚ながら回遊できずに、この地に住み着いてしまった 関アジ 関サバ は超高級ブランドです。何に絞っても美味しいのは カボス です。銘菓 ざびえる は、高級感漂う西洋菓子です。
大分県の実行委員 / 成清愛 角上慎治 麻生恭子 小野未希 新小田格 新小田徳子 橋本真紀 / 7
 
 

名菓 ざびえる 提供:新小田格 写真:岡本真
 
宮崎県とヒトと食
たけし軍団から宮崎県知事に当選した 東国原英夫 は、県内都城市の出身で、その任期中に発生した牛の口蹄疫、鶏の鳥インフルエンザの対処に高い評価を得た政治家です。宮崎県のヒトには、俳優の 堺雅人 、ミュージシャンでは「コブクロ」の 小渕健太郎 今井美樹 やもののけ姫の 米良美一 がおります。セレブ・スキャンダルの 紗栄子 も宮崎の出身です。
前出の東国原時代に存続の危機を免れた 宮崎牛 宮崎地鶏 は、いまでも宮崎の代表的ブランド品です。宮崎牛は、松坂牛の半分が宮崎生まれと言われていて、宮崎の種牛を親に持つ子牛が全国各地のブランド牛として世に出まわっています。宮崎で口蹄疫が流行した時、「日本から和牛が消える!」と言われたほど、全国の牛畜産農家に大きな打撃があったのです。皆さんが各地のブランド牛として口にしているステーキやすき焼きは、実は宮崎の出かも知れません。宮崎の鶏は、 地頭鶏(じとっこ) と呼ばれ山間部で古くから飼育され天然記念物に指定されています。 チキン南蛮 地鶏の炭火焼 も、絶対に他では味わえない調理法で堪能できます。幸せになれる果実・ マンゴー は大変高価ですが、死ぬまでに一度は食べてみたいフルーツです。
宮崎県の実行委員 / 桐原直子 /1
 

チキン南蛮  写真提供:公益財団法人みやざき観光コンベンション協会
 
 
鹿児島県 とヒトと食
 鹿児島のヒトといえば、何と言っても 西郷隆盛 がタイムリーでしょう。芸能人でいうと 西郷輝彦 山田孝之 満島ひかり 、どのヒトを見ても大きな目と濃い眉毛や豊かな頭髪には、沖縄県人同様、ほとんどの日本人に羨望を感じさせます。鹿児島は美人、美男の宝庫とも言えます。スポーツ界にもハンパないヒトがいます。サッカーの 大迫勇也 城彰二 稲本潤一 遠藤保仁 前園真聖 はワールドカップでも活躍した鹿児島県のヒトたちです。
江戸時代に琉球から移入してきた養豚の歴史は非常に古く、鹿児島で長い時を経て改良が重ねられ、 かごしま黒豚 ブランドを名乗れる黒豚が誕生しました。全国から とんかつ 豚しゃぶ を目当てに鹿児島にやって来るグルメ・ファンが多いのもうなずけます。鹿児島といえば、その名の通りの さつま揚げ、 全国一の生産量を誇る うなぎ 、カツオの水揚げも日本一で、現地で食するなら 鰹のタタキ、 お土産には 鰹節 ですね。そして、それらをつまみに飲むのは、 芋焼酎 です。元祖 白波 、通好みの 伊佐美 、プレミア感たっぷりの 森伊蔵・・・ 名酒が勢揃い。残念ながら、酒好きな前園真聖は大人の事情で好きな芋焼酎を飲むことをやめました。
鹿児島県の実行委員 / 浅生典子 杉村貴子 福島亜紀 /3
 
 

西郷隆盛像  写真提供: 公益社団法人鹿児島県観光連盟
 
山口県とヒトと食
山口県は中国地方でありながら、最大都市の下関市が福岡県北九州市と関門トンネルを歩いて渡れる距離にあり、気象区分や一部の役所が九州地方の管轄という関係により、九州と行動を共にすることが多いのです。2003年のコンヴェンション福岡でも実行委員会に加わっています。
下関市 壇ノ浦 は、平家最期の地として知られています。また、幕末期、長州藩の 吉田松陰 の門下からは 高杉晋作 伊藤博文 山縣有朋 らを輩出しています。この勢いで、 岸信介 佐藤栄作 菅直人 安倍晋三 ほか、多くの総理大臣が出ています。日露戦争を指揮した 乃木希典 陸軍大将も山口のヒト。
山口県の食は何と言っても フグ料理 です。下関の南風泊 (はえどまり)市場は日本最大のフグ取り扱い市場として知られていて、 ふぐ刺し ふぐちり (鍋)、鍋のシメは 雑炊 フグの唐揚げ 、山口県ではどれをとっても美味しく、しかも東京や関西の料亭の半分以下の値段で食することができます。そして 、山口には、世界に進出している日本酒があります。安部首相とプーチン大統領の会談の夕食で振る舞われた純米吟醸酒・ 獺祭(だっさい) です。日本国内でもブームとなっていますが、パリの三ツ星レストランでは、「日本のロマネコンティ」と称されています。
山口県の実行委員 / 石飛祥一
 
 
 

ふぐ刺し  写真提供:福岡市
 
この文章の作成にあたり、古川智恵子、武次哲也、山口邦子、麻生恭子、新小田格各氏に情報を提供いただきました。